日本語と日本文化


宮沢賢治を童話を読む


宮沢賢治は感受性豊かな優れた詩人であったが、詩人であると同時にまた優れた童話作家であった。賢治は子供たちだけを相手にして童話を書いたのではない。彼はすべての感受性豊かな人たちを相手に、童話と呼ばれる作品を生涯にわたって書き続けたのだ。

そしてそれらの作品は、賢治の自分自身に対する呼びかけであり、自分自身を試し続けるためのものでもあった。賢治はただ単に童話を書いたのではなく、童話という表現手段を通じて、自分自身との対話を行いながら、生涯を生きたのだということもできる。

宮沢賢治は非常に熱心な法華経信者であったから、彼の童話には法華経の言葉が鳴り響いている。といっても、童話を通じて法華経への信仰を人々に進めているわけではない。法華経のことばを媒介にして、人間としての真の生き方を求め、それを人々にわかってもらおうとしたのだと思う。

ここでは、そんな宮沢賢治の童話の数々について、読み解いていきたい。



ドリームランドとしてのイーハトーブ:宮沢賢治の童話的世界
注文の多い料理店:宮沢賢治の童話を読む
どんぐりと山猫:宮沢賢治の童話を読む
鹿踊りのはじまり:宮澤賢治の童話を読む
おきなぐさ:宮沢賢治の童話を読む
やまなし:宮沢賢治の童話を読む
セロ弾きのゴーシュ:宮沢賢治の童話を読む
オツベルと象:宮沢賢治の童話を読む
猫の事務所:宮沢賢治の童話を読む
フランドン農学校の豚:宮沢賢治の童話を読む
よだかの星:宮沢賢治の童話を読む
ポラーノの広場:宮沢賢治のユートピア
風の又三郎:宮沢賢治を読む
銀河鉄道の夜:宮沢賢治を読む
北十字とプリオシン海岸:銀河鉄道の夜
鳥を捕る人:銀河鉄道の夜
リンゴとジョヴァンニの切符と空の孔:銀河鉄道の夜
さそりの火:銀河鉄道の夜
グスコーブドリの伝記:宮沢賢治の世界
雨ニモマケズ:宮澤賢治の自戒の言葉
    

  
.

検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本





前へHOME|次へ





作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2015
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである