日本語と日本文化


北いっぱいの星ぞらに:宮沢賢治を読む


宮沢賢治には星空を歌った詩が数多くある。銀河鉄道を描いた詩人だから、天空の世界には誰よりも関心が深かったのだろう。そのなかで「春と修羅第二集」に納められている「北いっぱいの星ぞらに」は、冒頭の句にあるように、それこそ空一杯に広がる星々が、明るい月の光の中できらめき動くさまを、感動をこめて歌い上げている。

賢治がこの詩を書いたのは、1924年8月17日。この日の夜、賢治は北上山地を歩き続けたのだが、その折に得たインスピレーションをそのまま詩の形に写したのだと思われる。この夜はほぼ満月で、月光が下界を照らし、賢治の行く手を明るく導いていた。

この詩を書いた一月前に、賢治は「韮露青」を書いた。やはり満月の星空を歌ったものだ。その中で賢治は、銀河の果てに見えるマゼラン星雲のひとつに、妹トシの魂のありかを見たような気持ちがしたと歌っていた。

この詩では、賢治はトシではなく、普賢菩薩に呼びかけている。「韮露青」においては、自分の妹をめぐる個人的な救済が問題となっていたのに対し、この詩ではそれが広い宗教意識へ高まっているといえなくもない。

この一月の間に、賢治の心の中に、いくばくかの発展があったことを感じさせるのだ。

  北いっぱいの星ぞらに         
  ぎざぎざ黒い嶺線が          
  手にとるやうに浮いてゐて       
  幾すじ白いパラフヰンを        
  つぎからつぎと噴いてゐる       
    そこにもくもく月光を吸ふ     
    蒼くくすんだ海綿体(カステーラ)        

賢治の目の前には、星空の下に広がった北上山地の稜線が黒々と見える。それが白いパラフィンを吹いているというのは、月光が稜線のシルエットにそって漂っているさまをいうのだろう。

  萱野十里もおはりになって       
  月はあかるく右手の谷に南中し     
  みちは一すじしらしらとして      
  椈の林にはいらうとする        
    ......あちこち白い楢の木立と    
      降るやうな虫のジロフォン...... 

萱野十里は北上山地内にある山道の名だ。それを歩き終える頃に、月が南に差し掛かった。賢治の歩く道はブナの林へと入り込んでいき、足元からは木琴の音のような虫の声が聞こえてくる。

  橙いろと緑との            
  花粉ぐらゐの小さな星が        
  互いにさゝやきかはすがやうに     
  黒い露岩の向ふに沈み         
  山はつぎつぎそのでこぼこの嶺線から  
  パラフヰンの〔紐〕をとばしたり    
  突然銀の挨拶を            
  上流の仲間に抛げかけたり       
    Astilbe argentium       
    Astilbe platinicum       

夜空に一対の双子星が見えたのだろう。賢治にはその二つの星がささやきあうように寄り添いながら、岩の向こうへと沈んでいくのが見え、その後からは月の光が煙のようにたゆたうのが見える。

  いちいちの草穂の影さへ落ちる     
  この清澄な味爽ちかく         
  あゝ東方の普賢菩薩よ         
  微かに神威を垂れ給ひ         
  曾って説かれし華厳のなか       
  仏界形円きもの            
  形花台の如きもの           
  覚者の意思に住するもの        
  衆生の業にしたがふもの        
  この星ぞらに指し給へ         
    ......点々の白い伐株と       
      まがりくねった二本のかつら......

ここで賢治は普賢菩薩に語りかけるのだ。ほかならぬ普賢菩薩であったのは、それが法華経の守護神としてはもちろん、女性の守護神としても、妹トシの魂を救済してくれる仏に違いなかったからである。

  ひとすじ蜘蛛の糸ながれ        
  ひらめく萱や             
  月はいたやの梢にくだけ        
  木影の窪んで鉛の網を         
  わくらばのやうに飛ぶ蛾もある  

詩の最後を賢治は流れ星のイメージで結ぶ。流れ星は賢治にとって、地上から天空への魂の旅、あるいは天空から地上への啓示の徴、そのようなものとして思われたのだ。


    

  
.

検     索
コ ン テ ン ツ
日本神話
日本の昔話
説話・語り物の世界
民衆芸能
浄瑠璃の世界
能楽の世界
古典を読む
日本民俗史
日本語を語る1
日本語を語る2
日本文学覚書
HOME

リ  ン  ク
ブログ本館
万葉集を読む
漢詩と中国文化
陶淵明の世界
英詩と英文学
ブレイク詩集
マザーグースの歌
フランス文学と詩
知の快楽
東京を描く
水彩画
あひるの絵本





前へHOME春と修羅次へ





作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2008-2010
このサイトは作者のブログ「壺齋閑話」の一部をホームページ向けに編集したものである